なぜ水素水市場は拡大し続けているのですか?

「水素水」という言葉に接したのはいつからだったでしょうか?
知らないうちに拡がっていて、今ではとりたてて意識することなく「水素水」
という言葉は世間で認識されているように思います。

一口に「水素水」と言っても、飲料目的の商品に限ったことではなく、水素
水のお風呂、水素水オイル、水素水エステなど、多岐にわたっていますよね。
色々な「水素水商品」が市場に出回っていますね・・・。

多岐にわたった商品でも、「人体に好影響を与える」という目的はどれも同じ
で、利用する時には、個人の選択次第という事になるでしょうか。その中でも
一番簡単で長続きするという事なのでしょうか、飲料水として水素水を使う場
合がほとんどの様です。
人によっては入浴水として水素水を使う事もあるようです。
芸能人による水素水のコマーシャルや体験談には飲料よりも「水素水入浴」の
場合が多いようですが、どちらにしても体細胞に水素を取りこむという点では
同じだと思います。

水素という元素が、この世で一番小さな粒子であり且つ一番高い抗酸化力を持
つとなれば、たとえ少量でもほかの抗酸化物質より結果的に効果が高いという
事なのでしょうか?

H2分子になってもその小ささは変わらないから、一度体の中に入れることが
出来たら、ほかの抗酸化分子よりも体の奥底まで浸透するという事なのでしょ
うか?
たとえばビタミンCやコエンザイムといった悪玉活性酸素を還元する同じよう
な働きの分子がありますが、それに比べても有意義な物質という事なのでしょ
う。

水素の力を人の健康に使う事には賛否両論ありますが、それにしても年々水素
を扱った市場が拡大の一途をたどっているといった事実は疑いようがないと思
うのです。確かに水素の力は科学的には実証されていないけれど、それでも市
場が増加し続けているからには、なにかしらの「意味」があるのでしょう。

この五年間で約2倍の拡大を遂げているのが「水素水市場」ですから・・・。

市場の拡大とともに水素水商品もいろいろ便利に改良がなされているようです。
一番水素含有量が多いとされる電解型の水素マシーンにも、充電式携帯型が販
売されているようです。