とてもリーゾナブルではあるけれど・・・

最近の水素ブームからなのでしょうか?
水素水をはじめとする「水素関連商品」の広告が頻繁にダイレクトメールで届
きます。今日は、2件のダイレクトメールが届いています・・・。

今回とどいたものは、「水から水素水を」という、スティックタイプの水素水で
す。市販のペットボトル水にこのスティックを入れるだけで、水素が発生して、
「水素水」が出来上がるというものです。四六時中水素が発生し続けるので、
いつでも生の「水素水」を飲むことが出来るというのが、売りです。

スティックタイプの水素水は、ほかに他社商品だってありますよね。水槽やペット
ボトルに入れて、いつでも水素水を携帯できるという利便性があります。

今回の広告商品も、スティック内のマグネシウムで電解して水素を発生させる
という仕組みは、他商品と変わりはないようです。

ただ一つ、違うところは、「安価」という事でしょうか?

スティック一本で500mlのペットボトル180本分の水素水がとれるとい
う事ですが、1本あたりの値段が1500円というから驚きます。一日当たり
水素水は1500ml飲むのが良いと聞いたことがあります。それから単純計
算して、スティック1本で2か月分という事になるでしょうか?
月当たり750円?

通信販売のみで、購入は2本からという事ですが、それにしても「安い」と思
いませんか?

水素水の効能を得ようと思ったら、飲み続けなければ意味はないでしょう?
それもある程度の期間となったら、「コスト」は一番気になるところです。安け
ればそれに越したことは無いのです。

ただ不安なところは、「安いという事は、その水素水がまがい物ではないか?」
というところです。

世の中に水素水商品は、かなりの数あって、その種類もいろいろです。高いマ
シーンから、ペットボトル水素水まで「ピンからキリまで」です。そういう数
ある中で、安くて本物だったら飛びつきようがあると思いますが、一番安価と
言われるペットボトル水素水のように、「購入して飲むころには水素が入ってい
ないのではないか?」というのでは困ります。

郵送されてくる広告文というものは、その文面のみ見れば「魅力的で納得させ
られる」ものばかりです。その点が、受け取る側として大いに迷わされるとこ
ろなのです。